スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
明日、抜糸の予定
2005 / 08 / 01 ( Mon )
2ワンの去勢手術から10日ほど経ちました。明日、抜糸に行く予定です。
あ~~~嫌だなぁ… 絶対、先生に迷惑かけると思うので。ε-(ーдー)ハァ

ブラウニーは極度の緊張状態が続いたり、怖いのがピークに達すると
ウガウガパニックになる。
病院や美容に出かけると最初は怖がってブルブル、段々体がカチカチに固まって…
突然プチッ!と何かが切れたかのようにウガウガすっごい形相で
近くにある物を手当たり次第噛みまくる、完全パニック状態。
知らない人だろうが、私だろうがパニックの時は誰彼かまわず噛みまくる。
も~、そうなったら治まるのを待つしかない。
大きな声で怒ったり、キャー痛いと騒ぐと声にびっくりしてパニックが悪化するので
噛まれても痛いのガマンして、じっと耐えて抱っこしててあげるとしばらくすれば治まる。
もちろん、すごく痛いし血が出るんだけど自分はもう慣れた。
でも自分以外の人を噛むって、どうしようもなく心が痛い…本当に申し訳ない。

最近はどこへ行っても最初から「パニックになると噛みますから」と伝える。
こちらからお願いして、念の為に最初から口輪をしてもらう。
「怖がってるし、大人しそうだから大丈夫そう」と言われても、お願いして口輪を
付けてもらいます。ブラウニーにはこれ以上、誰も噛んで欲しくないから。

去勢手術の日は先生にお願いして事前にもらった薬を、家を出る直前に飲ませてから行った。
ちょっと頭がボ~ッとして眠くなるような薬。もちろん飲ませるのはブラウニーだけ。
明日も病院に行く前に忘れずに飲ませていかなきゃね。
うとうとしてる効果で少しは緊張が和らぐんだと思う。
去勢手術の当日も麻酔かけるまでちゃんと大人しかったみたい、
「誰も噛まなかったし、いい子にしてましたよ」と言われて本当にホッとした。
あ~~~明日も何事もありませんように!

ところでセサミの傷の治りが悪いんです!明日ちゃんと抜糸できるでしょうか!?

brownie_kizu1brownie_kizu2
これはブラウニーの傷。左が手術翌日、右が今日。すご~くキレイに治ってるでしょ。

sesae_kizuで、こちらがセサミの今日の写真。ブラウニーと全然違う~!

実はセサミの方が傷を気にして結構ペロペロ舐めちゃったんだよね。ブラウニーの方が神経質な性格なので、傷が気になって舐めるんじゃないかと心配してたんですが、ブラウニーは全然!

よくよく考えてみればブラウニーは我慢強いと言うか、頑固な性格と言うか、
人間で言うと硬派な感じ、非常~に男らしい性格。(家の中ではね(笑))
それに比べてセサミは、いつもウハウハ陽気でお調子者。
普段から痛みに対してすご~く大げさなところがあるんですよ!
おもしろいんですけど、この性格お母さんにそっくりみたいです。
例えばちょっとどこかに足をぶつけただけで、それはも~大げさに痛がります。
今でこそ慣れましたが、家の中を走り回って初めて足をぶつけた時に
「キャヒ~ン!」と大声で泣いた後、びっこまで引いて見せられた時には
骨でも折れたのか?と驚きましたが、しばらくしたら全然元気に走り回ってました…

browniesesame


手術の直後こそ、ブラウニーは体を触られると「ウゥゥゥ~(訳:痛いからそっとしといてくれ!)」でしたが、もう翌日にはこんな感じ。全~然傷なんか気にしないで大股開きです。(笑)

セサミはと言えば術後はじ~っと丸くなって寝てばっかり。
しかも、2,3歩歩いては「キャ~ン!」ヘナヘナと座り込み傷をペロペロ。
立ち上がっては「キャ~ン!」また床に座り込み傷をペロペロ、そのままふて寝。
「ボク、すご~く痛いんですけど…重傷なんですけど…」って感じの情けない顔、
分かります?(笑)

同じようにしばらくは抗生物質のお薬飲んでたんですけど、舐めちゃうとやっぱりこんなに傷の治りが違うんですねぇ。予防策として普通の糸じゃなくて細い針金みたいな物で縫ってあるんですよ、舐めたら針先がチクチク当たるので普通は嫌がって舐めないんですって。

それにしてもセサミってやっぱり大げさな痛がりです!
だって先生に手術したその日、夜の散歩からもう平気ですよって言われたけど
とてもじゃないですが散歩なんて…

ちなみにブラウニーは去勢と一緒に抜歯をしました。
チワワとか小型犬には多いそうですが、永久歯が生えてきても
乳歯が上手く抜けないんですよ。二重に歯が生えてサメみたいな状態って分かります?
普通は残っても2,3本ってところらしいんですが、ブラウニーはなんと6本!
オーバーで下顎が小さい感じだからかな?
立派な犬歯も抜いたので何箇所かは縫ったそうです。
それでも、翌日から普通のご飯バリバリ食べてました。
自分だったら6本まとめて抜歯したら、しばらくご飯食べられないよなぁ…
やっぱりブラウニー根は強い子だと思います!

あ~、明日は2匹共心配。なんとか無事に抜糸できますように!
ブラウニーはもちろんだけど、セサミは大鳴き&大暴れ間違いない…
スポンサーサイト
00 : 04 : 00 | 犬【去勢手術】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
去勢手術
2005 / 07 / 30 ( Sat )
7月20日に2ワン共に去勢手術をしました。
早い子は1歳未満で済ませてしまう手術ですが、正直かなり迷いました。
将来的にこの子達の子供が欲しい、なんてことは考えてませんが
やっぱり健康な体にメスを入れる「手術」は怖いからです。

フェレットのジンジャーは誤食手術の後、血液の免疫不全が起こって亡くなりました。
生まれつきの体質だったのか、手術に原因があったのかは良く分かりませんが
手術は無事成功したと言われた数日後に容態が急変し亡くなりました。
やっぱりどんなに簡単な手術と言われても、万が一が頭に浮かびます…
手術となれば全身麻酔もする訳で、麻酔事故で亡くなったという話も聞いた事があるし
心配し始めると、キリがありません。

それでも迷いに迷って、結局去勢手術をした一番の理由はやっぱりブラウニーの問題行動。
最近2匹共マウンティングがひどくなってきていたし、ブラウニーは日に日に「雄」としての性格が強くなっているようで、セサミへの対抗意識や支配欲からくるストレス行動(セサミの毛をむしったり、喧嘩したり)が悪化していた。

カウンセリングの先生には「去勢に過度な期待をしてはいけませんよ」と言われた。
去勢後に性格が大人しくなるとか、マウンティングが治るとか色々言われている俗説には未だにはっきりとした根拠はないらしく、あくまでも一般的にそう言われていると言うだけの事。去勢後の性格の変化には、かなり個体差があるそうでやっぱり全然変化の見られない子もいるらしい。
ブラウニーの場合は、音に過敏すぎたり恐怖心からパニックを起こして攻撃行動に出る事があるので、このような問題行動には去勢手術はほとんど効果がないらしい。
ただ、「雄」としての気の強さはホルモンにも関係しているので、これから2匹の関係を改善して行く手助けにはなるかもしれないとの事。やぱっり去勢していない雄の多頭飼いは色々と問題が起こりやすいみたいだし。

正直、最近カウンセリングにも行き詰ってきていて、またまた育犬ノイローゼぎみ…
ブラウニーのトレーニングは「3歩進んで、2歩下がる」感じで、良くなってきたな~♪と思っていると、何かが起こる(例えば、散歩に行ったら突然すごい音のバイクが通ってパニック!)そうすると家に帰っても、またしばらくはピリピリ、イライラが続いてちょっとしたことで噛んだりする。そんな事の繰り返し…終わりが見えない。

一生懸命なんとかしてあげたいと思っているのに、どうしてできないんだろ…
ただ普通に毎日仲良く楽しく一緒に過ごしたいだけなのに、それができない。
本気で里子に出そうかと考えたこともある、私じゃダメなんじゃないか、
他の家に行ってもっと良い飼い主さんとなら上手くやっていけるんじゃないか、
なんて事を真剣に考えたりした。でも手放すなんて絶対に無理なんだけどね(苦笑)

ブラウニーも噛んでいる時はパニック状態なんだけど、しばらくして気持ちが落ち着くと「困ったなぁ~、さっきはゴメンね…」って顔して自分から私の足元に擦り寄ってきてゴロンとお腹を出したり、いつもは抱っこ嫌いなのに自分から膝の上に乗ってきてじ~っと丸くなってシュンとしてたりする。

噛まれる私も辛いし、噛んじゃったブラウニーも淋しそう。
ほんと、なんか良い方法はないかな…

ま、何はともあれ手術は無事終わったし2匹共早く元気になぁ~れ!
14 : 28 : 00 | 犬【去勢手術】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
去勢手術のメリット・デメリット
2005 / 07 / 30 ( Sat )
去勢手術のメリット-----

■ホルモンバランスの乱れが原因となる前立腺肥大などの病気を防ぐことができる。
 その他に去勢で予防が有効とされる病気には、
 精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、前立腺腫瘍、前立腺炎、会陰ヘルニアなどがある。

■去勢によって性衝動が抑えられるようになり、行動面での変化が期待できる。
 マウンティングやマーキングが減る、雄同士の喧嘩の回避、
 支配欲や縄張り意識の軽減、性格が穏やかになる場合もあると言われている。

■発情している雌を追いかけたり、興奮状態になっても実際には交尾ができないので
 犬にはストレスとなる。そのようなストレスが軽減する。


去勢手術のデメリット-----

■麻酔事故や免疫異常による過敏症など、手術リスクへの心配。

■性ホルモンは脂肪代謝に関係する為、手術後太りやすくなる。


色々迷いましたが、我が家は結局2匹共に去勢手術をしました。
これから去勢手術をどうするか迷っている方がいれば、少しは参考になるかと思って
思いつく範囲でメリット・デメリットを書き出してみました。

う~ん、こうしてみるとやっぱりメリットの方が多い?
でも手術リスクのデメリットはやっぱり大きな心配事…
愛犬が少しでも長く、元気で、健康に、楽しく暮らせるにはどうするのが良いか
よくよ~く飼い主さんが真剣に考えてあげるしかないですよね。

って、とっても簡単って言われてる去勢手術をここまで真剣に迷ったのって、
私くらいですか? (; ̄ー ̄A アセアセ
00 : 05 : 00 | 犬【去勢手術】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。