スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
毛の生え変わり
2006 / 07 / 14 ( Fri )
前回(5/5)の診断でクッキーが右副腎疾患と診断されて
1回目のリュープリン注射を打ってから、一時期はびっくりするほど
脱毛が進行しましたが、最近ではすっかり全身の毛が生え変わりました。

初めての注射を打った時に先生から
薬の作用で一度脱毛が酷くなったように進行しますけど
その後に新しい毛が生えてきますからびっくりしないでくださいね
と説明を受けていたので良かった。

何も知らなかったら「先生~!注射打ったら酷くなりましたよ~!」と
病院に飛んで行きかねない、そんな勢いで見る見るクッキーはツルツルくんになった。

20060714.jpg

これは6月10日の写真、注射から約一ヵ月後。
首から下はすっかりピンクの地肌が見えるほどキレイにハゲました。
副腎疾患の脱毛はあまり痒がらないと聞いてたんですが
クッキーは酷く痒がって大変でした。
赤くなってるのは自分で掻いてしまった引っ掻き傷です。
酷い時は血が滲むほど掻くので犬猫用の乾燥肌用保湿&炎症止めジェル
(低刺激無添加のもの)を塗ってあげたら随分落ち着きました。

20060714_2.jpg


そのまた1ヵ月後、7月1日の写真です。
1,2ヶ所円形脱毛の様な毛の薄い部分もありますが
ほとんど全身、しっぽの先までキレ~イに毛が生えてきました。

不思議なことに新しく生えてきた毛はなぜか真っ黄色!!(笑)
クッキーはもともと脂っぽい子なので薄っすら黄ばみくんでしたが
それでも元の薄黄ばみとは比べものにならないんですよ~。他の子もそうなの?
前脚の両脇の辺りの境目、分かりますよね?
頭の方は脱毛しなかったので元々の毛色で
お尻の方はすっかり生え変わった新しい毛です。全然違う~!黄金いたちです。

毛の状態に副腎の状態が必ずしも比例する訳ではないそうですが
これだけ毛の生え変わりがあったということは
クッキーにはある程度、注射の効果があるとみていいようです。よかった♪

ちなみにプリンちゃんは注射後も全然脱毛もないし、
外陰部の腫れも日によって大きくなったり小さくなったりで
注射を打ったからと言って特に大きな変化はありません。
プリンちゃんには注射の効果、あまりないのかなぁ…
先生もリュープリン注射の効果はとても個体差があるって言ってたし。

え~っと、話をクッキーに戻すと毛の生え変わりの具合からも
まずまず注射の効果はいいようで、しばらくは内科的治療
(リュープリン注射と定期的なエコー検査)を続けてみることにしました。

と言うことで、昨日(7/13)2回目の注射を打ってもらいました。
体調の変化は特になし。食欲もあるし、まずまず元気。
う~ん、でも歳相応に落ち着いては来たかな。
以前のように放牧しておけばいつまでも遊んでいるような事はなく
1時間の放牧で思いっ切り元気なのは30分、後半はだらだら。
そんな様子を見ると、あ~年とったなぁと思わずにはいられない。
スポンサーサイト
02 : 43 : 52 | ・クッキー(副腎疾患) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
副腎疾患の診断
2006 / 05 / 05 ( Fri )
食欲・体調ともに最近特に大きな変化はなし。
以前からしっぽの脱毛はあったんですが、クッキーはとても脂性なので
しっぽの毛だけすっかり抜けてしまうことはよくあったし
いつもはすぐにまた生えてくるのであまり気にしてませんでした。

20060505.jpg

ですが、ここ2週間で明らかに全身見る見る薄毛になり地肌が透けて見えるほどに。
耳掃除の時に補ていをすると首筋の毛がごっそり抜けるし
体を撫でるだけでバサバサと抜け毛が落ちるようになりました。
シュガーの予防接種があったので、一緒に病院へ。

エコー検査の結果、左副腎は異常なしでしたが
右副腎が6ミリ程に腫れている事が分かりました。
副腎の形はそれほど悪くなく、特別大きいと言う事でもない様ですが
ここ数週間での急激な脱毛などの症状から
今後、副腎疾患の進行が早い可能性があると言われました。

早速、今日から治療を始めることになり
まずはリュープリン注射を打ってもらい、様子をみることになった。

------------------------------------------------------

プリンちゃんやチャイに比べると明らかに脱毛の進行が早い
本当に驚くほどに毎日バサバサと抜ける。
抜け毛が酷いから、病状が酷いと言うことでもないらしいが
やっぱりこの数週間での脱毛の進行の早さは
他の子に比べて、今後病状の進行が早い可能性はあるらしい。

万が一、あっと言う間に副腎が大きくなってしまったらどうしよう
右は位置的に手術が難しいとのこと…

悪い事はあまり考えないようにしよう。
まずは注射が少しでも効いてくれるといいな。

20060505_2.jpg

一番年長のシュガーは検査の結果、特に異常なし。エライぞ!
一度低血糖の発作を起こしたけど、ご飯も自分でこまめに食べてくれるし
もともとまったり、のんびりの性格で省エネモード
毎日ダラダラ~っとした生活がいいのかも(笑)

こうしてみんなでお昼寝してる顔はほんと天使♪
見ているだけで、ひとり顔がニコニコしてしまう。(気持ち悪い…)
みんなそれぞれに悪い所がでてきたけど、
のんびりのんびりでいいから長生きしようね。
それにしても見事にみんな白くなったなぁ(笑)
19 : 53 : 51 | ・クッキー(副腎疾患) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。