スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
先日の続き
2006 / 07 / 27 ( Thu )
先日、ブラウニーの中でお母ちゃんランクが激落ち↓(泣)と言う話の続き…

外出してパニックを起こすとか、これと言って
大きな出来事があったわけではないので正直なところ原因は???
私の方がブラウニーに聞きたいくらいだよ。(泣)

が、問題行動には何かしら人間の方に原因があることが多い。
結構気付かない内にね、動物ってほんと繊細なんだなと思う。

う~ん、ランク落ちの理由…
しいて言うならお尻毛をガシガシ切った事?
2,3日ちょっとうんちのゆるい時があって、ブラウニーのお尻の飾り毛に
ちょびっと付いたわけですよ、ティッシュで拭いても上手く取れなかったので
リードを付けてちょっと高めの位置に結んで、顔はあっち向いてる間に
ハサミでちょこちょこっと切ったわけです。
それが2日程続いて、3日目にはお風呂場でお尻だけゴシゴシ洗ったりして
もしかするとそれが「お母ちゃん=お尻をガシガシ」になったのかも…
犬って嫌な事はほんとすぐに覚えると言うか、忘れないと言うか (´Д`) =3 はぁ~

問題行動でお世話になってる先生にも、私は家では
嫌な事をブラウニーにしないように言われている。
シャンプーはそんなに嫌いではないようなのでトリミングに出したことはないけど
爪切りとか、肛門腺絞りとかちょっと痛そうな事は病院などでお願いしている。
と言うのも「お母ちゃん=怖い事・嫌な事はしない」安心していいんだよ~♪
と心底思ってもらう為、かと言って甘やかしとは違うので難しい所。

でもさぁ、お尻にうんちつけっぱなしって言うのもちょっとねぇ…(-。-;)
例えば、私の変わりに既にちょい嫌われ者のダンナさんが(笑)
嫌な事を一手に引き受けてくれればいいんですが残念ながら
そういう事をできるレベルまで、まだブラウニーの信頼を得ていません。
ダンナさんと長時間2人きりにするだけでウロウロとちょっと挙動不審になります。
長時間抱っこされると、これまた眉毛の下がった不安顔になります。
よってシャンプーなんて無理だと思います…

あ~神経質な子はほんと難しいです。
セサミは嫌な事ちょっとくらいしても、おやつあげて大袈裟に褒めまくると
テンションがあがり、ウハウハ♪喜んで3秒で忘れます。(笑)



私がキッチンのテーブルでパソコンしてる足元で2ワンお昼寝。

20060724_2.jpg

ゴリッゴリッ!テーブルの脚を噛む音が…
ブラウニーに「NO!ダメだよ。」と言うと、この顔。

20060724_3.jpg

セサミは相変わらずのん気に昼寝中、寝返りを打ちました。
それでも私が気になる様子のブラウニー、脚を必死で守ってます。
お母ちゃんは取らないってば~!

20060724_4.jpg

(▼ω▼)ジーーー 疑いの眼差し。

20060724_5.jpg

おバカ犬は白目むいて寝てます…(笑)
ほんと性格が違うよなぁ。(´Д`) =3 はぁ~

いつもだったらブラウニーは自分の大切な物が近くにある時、私よりも
セサミの動きに敏感に反応します。守りに入ってヴヴヴ~!って言ったり。
それが、どう見ても私の方を怪しんでるよ~。(泣)
お母ちゃんの信用はそれぼどなくなったのか?
(´Д`) =3 はぁ~、ブラウニーの信頼回復、何からやり直すかな。
スポンサーサイト
16 : 13 : 01 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
凹む…
2006 / 07 / 23 ( Sun )
我が家の超びびりんチワワ、ブラウニーは過去1年ほどかけて
問題行動治療専門の先生のカウンセリングを受けたりしながら
あれやこれやと色々と試行錯誤しながら、
なんとかやっと最近の落ち着いた状態まできたんですが、
これがまたまたなぜか?ここ1~2週間前から調子悪いんです。

2歳を過ぎた頃(5月)から、治まってたマウンティングが復活。
セサミの後足にしがみついて必死!おまけにブラウニーのマウンティングは変で
セサミのお尻の毛をガブガブ口で引っ張りながらむしる。
で、セサミも鬱陶しくなると怒るので、喧嘩勃発。

なんでまたするようになったのかなぁ?最近、喧嘩多いし。
と思ってたら、その次は大好きだったおやつの容器を
カラカラ振る音に反応しなくなり、最近は名前呼んでも来なくなった…

我が家では困った時はカラカラにお任せ!だったのですごい困る。
(興奮しすぎたり、あ~緊張してるなって時にカラカラして
「おやつあげるよ~♪」ってすれば気がそれて落ち着くと言う
究極のお助けアイテムだったのだ)
最近はおやつの入ってる引き出しを開け、ゴソゴソして見せても反応なし。
変わりにセサミが超敏感に反応するだけ。
セサミは食べ物があれば何でもがんばりますっ!ってタイプなので楽。
でもさぁ、犬って普通はそうじゃないの~?

ブラウニーはすっごい頑固でもある。
ケージの扉開けて、「はい、出ていいよ。」って言っても
自分が出たくなければ出ない。セサミはウハウハ喜んで飛び出す。
同じ環境で同じように育ててもほんと不思議なくらい性格が違う
もうこれは生まれ持ったもともとの性格もあるんだろうなぁ。


最近どうもブラウニーの中でのお母ちゃんランクが激落ち!!以前は

1位 お母ちゃん ☆だんとつトップ!!大~好き♪











すご~~~~~~~~く離れて
2位 お父ちゃん でもセサミとほぼ同ランク、おやつくれるから1点プラス
3位 セサミ すっごいライバル&泥棒だ!おもちゃもおやつも死守!

って感じだったのに、今じゃほぼお父ちゃんと一緒よりちょい上くらいまで急下降!!
なんでよ~~~、お母ちゃんがどれほど君に時間と愛情を注いできたか~~~!
それが、仕事から帰って来てちょいちょいっと遊ぶだけの
お父ちゃんと同レベルまで落ちるとは…

はっきり言って、激凹んでます。
もう泣きたいくらい凹んでます。

どうしてここまで落ちた?何でそう思うか?続きはまた後日と言うことで…
(書いてるうちにまた凹んできたので今日はおしまい (´Д`) =3 はぁ~)

20060723.jpg

そんな目でお母ちゃんを見ないで…(泣)
23 : 17 : 11 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とばっちり
2005 / 12 / 05 ( Mon )
久しぶりにガッツリと噛まれました…
幸いスパッと切れることなく(深く切れると結構痛いし、腫れて長引くのよね)
左手人差し指には今もしっかりと歯型が点々とついてますが
なんとか小さな傷で済みました。このくらいなら全然 (≧∇≦)b OK!
手を引かなかったお陰で傷は浅いんですが、ブラウニー結構な本気噛みで
パニック状態が長くウガウガウガ~!としばらく噛み続けましたから
ガツガツと骨に響いたと言うのか、噛まれた直後は指がじ~んとしびれて
痛いのと感覚がないので動かせなかったですよ (≧д≦)ゝイテテッ!
ブラウニーが超小型犬でとりあえず良かったです…(苦笑)

今日は完全なるとばっちり!セサミのせいだぞ~!(`□´)コラッ!
リビングのホットカーペットの上でごろごろする時に
私が毛布をかぶるんですけど、そうすると2匹とも寄って来て
一緒に寝ようとする訳です。大体は何事もなく、セサミが足元の方
ブラウニーは左脇から肩の辺りと、なぜかいつも場所が決まっていて
ビミョ~な距離をとりながら寝る2匹なんですが、
ブラウニーが毛布の角をくちゃくちゃ噛んで遊んでいたのを
セサミが後ろからちょっかいかけて邪魔したんですよ。
で、物欲が異常に強いブラウニー(特にセサミには絶対に盗られたくない!)
ですから本気怒りで喧嘩になって、興奮しすぎてパニックになったブラウニーは
手近にあった私の左手人差し指を噛みまくった訳です。
完全なる人違いと言うのか、噛み間違いですよ(泣)
毛布の角は4つ>2匹、なぜ1箇所を取り合うのか~!
他に3つもあまってるだろ~!

セサミは結構性格が悪いです(笑)
ブラウニーが持ってる物が何でも欲しくなるみたいです。
セサミのこの性格がブラウニーの物欲をどんどん強くさせて
事態を悪化させてるように思います。
あ~、この子達1匹ずつ別々に飼ってあげたら
問題はなにも起こらないような気がするなぁと思ってしまう…

20051205
O(≧▽≦)O ワーイ♪リモコンげっと、ボクのもの~♪

20051205_2
ううっ!後ろから視線を感じるぅぅぅ~(汗)

20051205_3
うわぁぁぁ、兄ちゃんが近づいてきたぞ~。リモコン渡すもんか!(耳半下がり)

20051205_4
絶対にリモコンは渡さないぞ~!死守!!(耳完全下がり、この顔は噛む直前)

20051205_5
ブラウニーは必死で向きを変えて隠すんだけど
この後セサミが後頭部を前脚でポンポン、ポンポン何回も叩く(意地悪いよなぁ~)

20051205_6
噛み噛みブラウニー発射!!(爆)

毎日、毎日こんな感じで何かしら見つけては喧嘩ばっかりしてるんだよねぇ
別にリモコンが特別お気に入りだからって事じゃなくて
小さなゴミがフワフワ~と舞ったのを取り合って喧嘩とか
とにかくくだらな~いことでも、すぐに喧嘩する。
ほんと2匹は反りが合わないって感じ。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
目が合った瞬間にバチバチッ!即、喧嘩ってほど
絶対的に仲が悪い訳じゃないんだけど、決して仲が良いとも言えない関係。

ジンジンと痛む指を見て、2匹このまま一緒でいいのかなぁなんて悩んだりする…
17 : 06 : 00 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
久々ガブッと
2005 / 10 / 21 ( Fri )
天気もいいし♪時間もあるし♪
久しぶりにセサミを連れて公園に行こうかなぁ~と思い付き、出掛ける準備開始。
ぶちまるの住んでる各務原市は、どうも市内の公園は全面犬立ち入り禁止らしい!
なので車で20分くらいかけて、ちょっと遠くの犬OKの公園まで行かなきゃならない。
(´Д`) =3 はぁ~、面倒くさい!近所にも公園はいっぱいあるのにね~。

で、ふと思いついた。せっかくだからブラウニーも連れて行ってみようかなぁ…
最近カウンセリングでブラウニーの散歩時間を長くしてみる事になった。
今までは、あまり無理させないように10分くらいで近所を1周って感じだったんだけど、
これがいつまでたっても慣れてくれない!そこで作戦変更!
無理に歩かせなくてもいいので、時間を延ばしてみましょうと言う事になった。
で、最近は小さなバッグに入れて、どこか静かな場所まで行ったら
ぶちまるは座って日向ぼっこ。えっ!散歩じゃないって?ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
でもこれが少しずつ効果が出てきて、30分くらいたって
やっと外の空気に慣れてくるとブルブル震えも止まって
バッグから時々ピョコピョコ顔出して、少し周りに興味を持つようになった♪
だから公園なら、のんびり日向ぼっこにぴったりかなぁと思って。

それにしても、いまだに外の空気に慣れるのに30分以上かかるってどうなのよ…
セサミは散歩デビュー当日こそ、まともに歩けなかったけど
1週間もしたら、お散歩大好きになってたと思うんだけどなぁ。
同じ環境で育ててるのに、やっぱり性格の違い?

2匹連れて行くことにしたのはいいけど、実はちょっと不安…
けんちゃんと2人で2ワン連れて散歩に行ったことはあるけど、
果たして1人で2ワン、ちゃんと面倒見られるだろうか…
(´ヘ`;) う~ん・・・えぃ!何とかなるだろ!連れて行こう!

だってさぁ、最近すっかりお母ちゃんまかせなのよね!
仕事が忙しいとか、疲れてるとか…
セサミの朝の散歩も全~然行ってくれないしね~!(# ̄З ̄) ブツブツ
ここはやっぱり、お母ちゃんがひとりでがんばるしかない訳よ!( ̄‥ ̄)=3

なんとか2匹を車に乗せて出発~!さて、公園の駐車場に着きました。
まずはセサミに超ロングリードを着けて足で踏んで押さえながら
次はブラウニーを抱っこして車から降ろそうかなと思ったら…
ウガウガウガ!っと噛まれました (/□≦、)エーン!!
久々に血が出るほど噛まれて、左手人差し指負傷…
そして足元では、早く遊びたいセサミがリードを引っ張る、引っ張る。

この時点でちょっと後悔、血が出る指を見て凹むワタシ…
が!ここまで来たし、なんとかしなければ~!
ブラウニーが落ち着くまでしばらく待つこと、10分、20分、30分…
その間、セサミはリードを引っ張る、引っ張る。
「お母ちゃん、早く遊ぼうぜ~♪ウハウハ♪」
ブラウニーに優しく声を掛けて、一生懸命なだめてる
私の気苦労なんか、もちろん知ったことじゃな~い。
退屈なセサミが足の周りを回って、リードがぐるぐる巻きになって邪魔だし!
(´Д`) =3 はぁ~、ちょっと待ってくれ~。
やっぱり、ひとりで2匹は大変だぁ。

30分過ぎて(長っ!!)なんとか落ち着いたブラウニーに、伸びるリードを着けて
さて公園へ!これがまた、歩き始めると2本のリードが絡まる、絡まる。
油断すると私もぐるぐる巻きだし…

でも10分もするとコツがつかめて、なんとか上手く2匹のリードを誘導できるように♪
本当は自由に走らせてあげたいところだけど、やっぱり普通の公園で
ノーリードは( ̄× ̄)b゛NG!! だからね。

なんだかんだと約1時間、公園にいたけどブラウニーは落ち葉追いかけて
ウハウハ走ってたし♪セサミは鳥を追いかけて走ったり
これでもか!ってくらい公園中のニオイ嗅ぎを満喫してたし
帰る頃には左手の人差し指の痛みより、
来てよかったなぁと言う気持ちの方が大きくなってました。(*^-^)ニコ
喜んでる顔見るとすぐに嬉しくなる♪私って単純(笑)

ブラウニーもいい顔してたので、写真撮りたかったなぁ~。
もちろん無理でした…

家に帰ってからの2匹
20051021_2
「お~い!兄ちゃん、遊ぼうぜ♪」
外の興奮、まだまだ冷めやらぬ元気なブラウニー。

20051021_3
「俺はもうぐったり~。」のセサミ。

20051021_4
「ちょっとビビッて、お母ちゃん噛んじゃったけど、まあまあ楽しかったよ♪」
なんだかちょっとブラウニーの顔が強い子に見える。(*^-^)ニコ
17 : 10 : 00 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
先日のカウンセリング
2005 / 09 / 30 ( Fri )
02782a6f.jpg先日はEコカ友達に会った嬉しさで、カウンセリングの事を書くのすっかり忘れてました。

当日病院に到着して、さて車を降りようかなと思ったら右手をガッツリ噛まれた…(泣)
ブラウニーのお出掛けは専用ドライブボックスを使います、キャリーに入れて行くと中から出てこない可能性があるから。そんな時に無理やり出そうと手を入れようものなら、ウガウガされちゃうしね~。
駐車場に車を止めて、ボックスに付いてる安全リードを外して、さぁ抱っこと思ったら
けんちゃんがセサミを降ろそうとドアを開けたところに大型トラックが通過
外出の緊張と突然の爆音にブラウニーはパニック!リード外してたから
顔に向かってジャンプしてきて、危うく唇噛まれそうになった~!( ̄Д ̄;;

そんな感じで初めからご機嫌ナナメのブラウニー。
キャリーの中から看護婦さんにヴヴヴ~!先生にもヴヴヴ~!
これじゃ今日はどうなる事か…と思ったんですが、復活が早かった!
しばらくしてキャリーの扉を開けると、ちゃんと自分から出てきました~。
先生の手からおやつまでもらっちゃったしね♪(*^-^)ニコ
これってスゴイ進歩なんです!以前だったら絶対にキャリーから出てこなかったと思う。

私たちが様子を見ていると、割と落ち着いた感じでブラウニーはウロウロ、
そこで観葉植物の落ち葉を発見!ゲット!あ~、これはいけません…
先生がおやつで呼んで落ち葉を取ろうとするとウガウガウガ~!と攻撃
そうなんです、ブラウニーは物欲が異常に強いんです。
これは飼い主である私のせいかも、多頭飼いの失敗例です。
2匹が仔犬同士の頃はそれほどケンカもしないし、よく一緒に遊ばせてたんです。
でも体格の差から、おもちゃやおやつをセサミに横取りされる事も
度々あったと思います。先生のお話では仔犬の頃に繰り返された、
その嫌な思い出がトラウマになってるのかもと言うことでした。

爪切りやお手入れも、仔犬の頃にとにかく嫌な思いをさせちゃいけないって言いますよね?
初めは少しずつでいいから、とにかく楽しく♪楽しく♪
子供の頃に覚えた「キライ」はなかなか忘れないって言いますよね…
仔犬同士の遊び、ちょっとした出来事がブラウニーには随分ストレスになってたんだなぁ
と今になって、やっと分かってきたんです。ゴメンね…

物欲の抑制、感情のコントロールは今後の課題。
また改めて先生もプログラムを考えてくれるみたい。
これでも、少しはマシになったんだけどね~。
家の中でいつものおもちゃはおやつと交換で「ちょうだい」できるようになった。
飛んできたもの、落ちてきたもの、初めて見るものはダメ!もちろん外では全然ダメ!
「ちょうだい」って言うとウガウガ~!ってなる。
誤食の危険もあるので、ほんと物欲のコントロールはできるようになりたい。

他には…
・接する時間が短いダンナ様には、いまだにちょっとビクビク。
・私よりも、ほんのちょっとした事でダンナ様にはウガウガする。
・セサミとダンナ様は同レベルで物盗りだと思っている(笑)
(汚い話ですが、ぶちまるはうんち片付けOKですが、うんちしてセサミが
 ニオイ嗅ぎに来ると盗られる!と思ってウガウガ怒りながら食べちゃいます。
 ダンナ様が片付けるのも微妙…これじゃ私に何かあったら誰がブラウニーの
 お世話するの?もう少し慣れてもらわないと困ります…)
・音に敏感すぎるので、窓が開けられない。
(最近涼しくなってきて窓を開けたいんですが、ほんのちょっとの物音に
 過敏反応して吠えまくるので、近所迷惑になりそうで窓が開けられない)
・去勢後、セサミが人に甘えるようになったので
 ブラウニーを抱っこしていたりすると叩いたりしていじめる。

なんだか我が家は問題山積みですな…( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

で、今回の課題プログラムは
・玄関におやつを置いておき、けんちゃんが帰ってきたら
 すぐにブラウニーにあげて、褒めて、喜ばせる。
 「ダンナ様帰宅=おやつ=ダンナ様好き♪好き♪」にする作戦!
・最近あまりにも変化がないので、無理に連れて行かなかった散歩を復活。
 抱っこ散歩でいいので、おやつで騙し騙し色々な音を聞かせてみる。

さて、効果の程は…と言っても私だけじゃ、こればっかりはどうしようもない!
がんばってくださいよ~!お願いしますよ~!

そうそう、1ヶ月経ってクロミカルムの効果らしき変化が見られないので
お薬を一度止めてみることに。これが、急に止めるとリバウンドみたいな変化が
起こることがあるそうなので、少しずつ薬の量を減らすことになりました。
薬を止めて、もし悪い方に変化があれば、飼い主は気付かないけど
効果があったって事で、また飲み始めればいいからねと言われました。

変化は少しずつだけど随分がんばってるブラウニー。
ここで飼い主が欲を出して、無理させたりしないようにしないとね!
と自分に言い聞かせてみる。
21 : 57 : 00 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2匹一緒に病院へ
2005 / 09 / 16 ( Fri )
ε=( ̄。 ̄;A フゥ… 何とか無事に病院に行って来ました。
ひとりで神経質なの2匹連れては、かな~り気を使いました。

今日のブラウニーはとっても良い子でした(* ̄ー ̄)v ブイ♪
と言ってもお出掛け前に飲んだ安定剤が、よく効いてたからです。(笑)
いつもは何か食べ物に混ぜてあげるんですが、今日はそのまま
薬だけ上手く飲ませる事ができたので、よく効いたのかも?

病院に着く頃にはもうウトウトし始めて、診察の順番が回ってきた時には目がトロ~ン
今日はブルブル震えもなかったし~♪
これ幸いと予防接種の他に爪切りまでしてもらいました。先生どうも<(_ _)>

最初は安定剤みたいな薬を使うことに、少し抵抗があったのですが
これ以上ブラウニーに怖い思いをさせない、パニックにさせない、人を噛ませない様に
事前に苦手なものを飼い主が上手に避けてあげる事も
問題行動治療には大切なんだそうです。
トレーニングで問題行動を治そう、治そうと必死になるよりも
まずは今以上にマイナス(苦手)を増やさない様に生活してあげる事が何よりみたい。

これは本当にカウンセリングを受けてから、ぶちまるが1番実感した事でもあります。
一時期はブラウニーが噛むことを「治さなきゃ!」と必死で、
しつけ教室やトレーニングに通いましたが、もちろん全然効果はなし。
それどころか余計に臆病になったり、攻撃性が増したりと状態は悪化しました。

カウンセリングに通って最初にした事は「ブラウニーが噛むのを治す」事ではなくて
「ブラウニーが噛まなければいけなくなる状況を、私が取り除いてあげる」事でした。
セサミとの完全別居生活に始まって、できるだけ静かな住環境を作る事、
ブラウニーから近づいて来た時以外は、こちらからは触ろうとしない事
できるだけ長い時間、ひとりで部屋をのんびりウロウロできるようにしてやる事。

ブラウニーに何かを「させる」って事が1つもなかったんですよね。
あ~なんか今まで必死にブラウニーを治そう、治そうとしてた自分の考え方って
全然ダメだったんだな~って、目からウロコでした。
実際に環境を変えて、ちょっとした事に気を付けて生活するようにしただけで
ブラウニーは随分変わりました。
何かを教えたり、覚えさせたりする事が必要だったんじゃないんですよね。
何もしない、無理にさせないって事が、とても大切だったんです。

う~ん、なんだか上手く説明できませんが、カウンセリングを受けて
そんな事を感じてからは色々な事を受け入れることができるようになりました。
本当は薬なんか飲まないで、喜んで出かけるくらいになってくれれば嬉しいんだけど
他の子が簡単にできるからと言って無理強いしてはダメ!
ブラウニーはブラウニーなんだから。
お薬飲んでなんとかお出掛けして、嫌々な顔して全然楽しくなさそうでも(笑)
パニックになって人を噛まなかっただけで、いっぱい褒めてあげなきゃね。
これでもブラウニーは十分がんばってるんだからね。(*^-^)ニコ

なんだか話がそれましたが、今日はとりあえず何事もなく無事に予防接種と
爪切りを終えることができて一安心です♪ε=Σ( ̄ )ホッ

くりぞーの方ですが相変わらず断固として診察拒否!
シュー!シュー!言いながら丸くなったままで、
やっぱり顔を見せてくれることはありませんでした…(泣)
丸まったままの背中に2回目のダニ予防のスポット薬を付けてもらって診察終了。
あまりにも長引くので、先生に麻酔をかけてでも傷の治療をした方が良いか
聞いてみたんですが、そうしたところでまた治療跡を噛んでしまうだろうから
もう少し気長に様子を見てみましょうと言う事になりました。
先生が言うには傷が痒いと言うよりは、自傷行為が遊び半分だったり
退屈しのぎ、ストレス解消などの他の目的になってしまっているかもしれないとの事。
そんなぁ~!くりぞーさん、退屈しのぎに自分を傷つけたりしないで下さい!

試しにお薬の処方を少し変えてみましょうと言う事になりました。
今までは化膿止めだけだった薬に痒み止めを少しプラスして
1日1回だった投薬を朝晩2回に分けてみる。本当に痒くて噛んでいるのなら、
少しは自傷行為が治まるかも、全然様子が変わらないようだったら
やっぱり痒いと言うよりも、噛むこと自体が癖になってしまっているのかも。
う~ん、どっちなんだろ?なんか噛み癖がついてしまっている様な気が…(汗)
でももしそうならキリがないなぁ~、いつになったら治るんだ~!(´Д`) =3 はぁ~

200509016
「ボク、今日は注射打ったし
お薬も飲んだから、なんだかネムネムなの…」

大好きなクマちゃんをしっかり抱っこしながら
ウトウトしてました。かわいいなぁ♪(*´ェ`*)ポッ
21 : 31 : 00 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
パニックの前
2005 / 09 / 08 ( Thu )
久々にブラウニーの前でガッシャーン!と大きな音をたてて物を落としました。
特に音に対しては「超」の付くほど過敏なので日頃から気を付けてはいるんですが、
やっぱりどれだけ気を付けても、人間うっかりって事はあります。

ここで対応を間違えるとブラウニーはパニックになります。
カウンセリング前はそんなこと知らなかったから、これで何度噛まれた事か…(泣)

20050908右下にある黄色い物(温湿度計)を落としました。
プラスチック製なのでガッシャーン!と結構大きな音が。
ブラウニーは音にびっくりして飛んで来ますが、
怖いので微妙な距離をとりながら、敵(温湿度計)をじっくり観察しています。

注:ここでサッと手を出して拾うと「ウガウガウガ~!」と間違いなく噛まれます。

ブラウニーは敵を観察しながら、内心ドキドキなのです。
極度の緊張状態で体はギュ~っと固くなってます、
そこに頭上から手がサッと出てくると、もうパニックです。
自分が狙っている物を「盗られる!」と思うのか、単純にびっくりするのか
パニックになる本当の理由はブラウニーに聞いてみないと分かりませんが
プツンと一瞬で何かが切れたかのように豹変します。
一度パニックになると後は誰彼かまわず、周りにあるものは何でも噛みまくります。

テレビのリモコンや携帯電話、うっかり床に落とすことってありますよね?
これで何度噛まれたか~!(泣)
カウンセリングに通う前は、ごく普通に物を落としたらサッと拾ってました。
それでブラウニーがウガウガ噛むなんて、なんで?って感じでしたから
噛んできたら大きな声で「ダメ!」とか「NO!」とか叱ってました。
これまた今になるとすご~く逆効果だった訳ですが…(汗)

20050908_2

敵が動かない(怖くない)事を確認すると、ちょっと一安心。
でも、まだ怖いので私の足元にきて「お母ちゃん、アレどうしよ?」って感じで困ってます。
そんな時は「大丈夫よ~、怖くないよ。」なんて優しく声を掛けてあげます。

20050908_3そうすると恐る恐る敵の匂い確認に行きました。
すっごい腰が引けて、尻尾も下がってるの分かります?
動かない敵にかなりビビッてます。(笑)

で、この最終確認を気の済むまでやると通常モードに戻ります。
安心すると急に「ふんっ!なんだ~、コイツ平気じゃん!」
って感じになるのが結構笑えます。
とっても気の小さい威張りんぼさんです。(笑)

ここまで物によりますが、5~10分。結構長いでしょ?
出かける前とか急いでる時に限って、何か落としたりするので
そんな時はイライラを押さえながらじっと待ちます。忍耐が必要です…

セサミはもちろんこんな事ないし、大抵のワンコもここまで音に敏感じゃないと思います。
セサミとブラウニーは同じような環境で育っているのに全然性格が違う。
もちろんどの子もそれぞれに性格が違うとは思うけど、
ここまで過敏だったりするのは、やっぱり生まれ持った性格なのかなぁ
ブラウニーはブラウニーにできる範囲で楽しく生活できればいいのかなと最近思います。

本当はちょっと一緒にお出掛けして、カフェでお茶して、買い物して
なんて事をしたかったんですが、ブラウニーの性格を知れば知るほど
無理にあっちこっち引っ張りまわすのはストレスかなぁと思って、最近は諦めてます。
犬友さんに会う時なんかはセサミだけ連れて行くようにしてます。
でもセサミは12キロあるので、抱っこしてちょっとお出掛けって訳にはね~(笑)

これでも随分良くなったんだよね、ブラウニーなりに毎日がんばってるしね。
お母ちゃん、もう随分噛まれてないからそれだけでも嬉しいよ~♪
少しずつ、少しずつがんばろうね。(*^-^)ニコ

でもお母ちゃん完全に諦めた訳じゃないから。
いつの日か楽しくお出かけできる日がくるかもしれないよね。

あ~~~、高望みはしないでおこうとは思うんですが課題はいっぱいあります。
危なくない物は上の方法で気長に待てばいいんですが、そうじゃない物もあります。
今まであったのは爪楊枝、待ってる間に飲み込んじゃったら危ないので
すぐにでも取り返したい!そんな時は噛まれるの覚悟でサッと取り上げます。
「ちょうだい」の練習もしてるんですよ。
普段なら咥えてるおもちゃなんかと大好きなおやつを交換できるようになりました。
(実はカウンセリング前はこれもできなかった!)
いつもはできても、突然上から落ちてきた物はダメなんですよね~。
大好きなおやつも見向きもしません、とにかく意識は落ちてきた物へ集中。
いつかできるようになるかなぁ…今の所は物を落とさないことが1番です。

はぁ~~~、どうしてもお出掛けしなくちゃいけないこともあるのよね。
今月は予防接種に行かないといけません。あ~~~、どうしよう。
病院に行くと最初は大人しいんですが、我慢の限界に達すると突然キレます…
慣れない場所、知らない人や犬、色々なニオイに音、怖いものばかり。
怖くてパニックになると、もうどうにもなりませんウガウガ噛みまくります。
先生は「大丈夫、仕事ですから。(*^-^)ニコ」なんて言ってくれますが
我が子が人を噛むのは本当に申し訳ない、心苦しいし、泣きたいくらいになります。
あ~~~、予防接種いつ行こう…
17 : 12 : 00 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
久々のカウンセリング
2005 / 08 / 11 ( Thu )
ブラウニーはパニック症の問題行動治療で専門の獣医さんにかかっています。
去勢手術をすることにしたと言う報告以来、約1ヶ月ぶりに電話をしました。
(通常のかかりつけの先生とカウンセリングの先生は別な為)

先生に「なにか去勢後に変わったと思うことはありますか?」と聞かれ、
何点か気になっていた事を聞いてみました。

1)2匹共にマウンティングが減った。ブラウニーは時々セサミの首元を噛んだり
  マウンティングの仕草を見せるが、セサミの毛をむしると言う行動は激減。
  セサミは今の所、術後まだ一度もマウンティングなし。

2)ブラウニーの怒る回数が減った気がする。
  怒り始めるまでの我慢が長くできるようになった気がする。
  去勢手術と薬を同時期に始めたので、どちらが効いているのか?

3)ブラウニーが以前より外の音に敏感になった?
  雨風の音や外から聞こえる声などには以前から反応して吠えていたが
  吠える回数と吠え始めてから治まるまでの時間が長くなった気がする。

4)セサミが仔犬がえりした?ほとんど吠えた事がなかったのにブラウニーと
  遊びながら一緒になって吠えたり、フェレットにも「遊ぼう♪」と言う
  ポーズをとって要求吠えするようになった。
  ブラウニーが私の膝に乗っていると、叩いたり、首元を噛んだり
  邪魔だからどけ!と言うような仕草をするようになった。
  以前はブラウニーが私に甘えていても興味なし、全然平気だった。

術後まだ3週間しか経っていないので、はっきりと去勢手術の効果だとは
どれも言えないそうですが、1と2に関しては少なからず去勢手術の
効果が出始めているのかもしれないとの事。
ブラウニーに関しては薬の効果かな?とも思ったんですが、
クロミカルムはもう少し長く使ってみないと効果の現れないお薬だそうです。
3に関してはたまたまそう感じただけみたい。(笑)
去勢手術と音への反応の変化は関連付けにくいとの事。
4に関しては仔犬がえりと言うような表現があっているかどうかは別にして、
テストステロンの分泌量が去勢手術で著しく減少したため、雄らしい行動が
少なくなることで人間には子犬の頃に性格が戻ったように感じるみたい。

去勢手術の効果?と言うのか術後の性格や行動の変化が現れるまでには
個体差があるようで早い子は1ヶ月頃から、遅いと半年くらいかかるみたい。
我が家の場合はここまでくるのに随分時間がかかってるし(苦笑)
今さら焦っても仕方がないので気長に半年かけて様子を見ていこうと思う。

とりあえず今後はクロミカルムはもうしばらく続けてみることにして、
今の状態で2匹別居を続けながら、一日のうち少しずつ遊ぶ時間を増やして
様子を見ることになった。ブラウニーは服従訓練も続けてます。
最近、噛まれてないのよね~♪なんて気を抜いてるとガブッとくるかも(笑)

まずまず今の所は去勢手術して良い方向に向かってるかなと言う感じです。(*^-^)ニコ

99b55075.jpg
隣同士でちゃんとお座りしておやつを待てるようになりました♪
でも微妙な距離ですよね(笑)
ブラウニーなんか顔が必死だし~(爆)

20 : 50 : 00 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
お薬を飲み始めました
2005 / 08 / 03 ( Wed )
20050803去勢手術の終わったブラウニー、今日からお薬を飲み始めました。一般的には分離不安の治療に使われる薬で「クロミカルム」と言います。頭がボーっとしたり、眠くなったりするような精神安定剤や鎮静剤とはちょっと違うようです。

どうしてパニック症のブラウニーに分離不安のお薬?と最初は思ったのですが、分離不安になる子は脳の神経伝達物質の1つ「セロトニン」が少ない(働きが弱い)傾向にあるらしく、セロトニンが少ないと

■感情にブレーキがきかなくなる。
■精神が不安定になる。

と言う症状になり、それによって分離不安などの問題行動が起こるようです。
ブラウニーのパニック症は環境変化や音に対しての過敏反応・ストレス反応、恐怖心からくる攻撃行動など、まさに精神不安定状態になると自分の感情をコントロールできなくなるといった感じなので、薬でセロトニンの働きを補ってあげれば精神的不安やストレスを少しずつ緩和できるのではないかと言うことらしい。

精神が安定する=問題行動が減る

でも、これはあくまでも問題行動治療の補助的なお薬。
飲ませれば治るってものではないらしい… そうだよね。ε-(ーдー)ハァ
やっぱりカウンセリングや行動療法は続けていかないとね。
でもこれが最近行き詰ってる。ぶちまる1人ではどうもいまいち効果がでない。

行動治療の病院はちょっと遠い。高速使って車で1時間半くらいはかかる。
今まで通院したのは2回で後はだいたい1週間ごとに電話をして
経過を報告、アドバイスや行動治療の指示をしてもらう。

う~ん、何て言うんだろ。
しつけ本を山ほど読んでも、簡単に犬のしつけが上手になる訳ないのと一緒で
指示をもらっても、ぶちまる1人ではなかなか成果があがらない(泣)

最近はやっぱりプロにお手伝いしてもらう必要があるんじゃないかなぁ
なんて思ったりしてトレーナーさんも探してみてるんだけど、
岐阜の片田舎じゃ情報がない…
しかもしつけ教室は1度失敗してるので、先生選びも慎重になる。
セサミはドッグカフェや病院でやってるような、いわゆる普通のしつけ教室で
全然OKだと思うんだけど、ブラウニーの場合は今までの問題行動の治療過程を
理解してくれた上でブラウニーのペースに合わせて、
あくまでもカウンセリングの先生の指導にそった行動治療のお手伝いと言う感じで
しつけ&トレーニングをしてくれる、そんな先生どこかにいないかなぁ~。
みなさん、何か良い情報がありましたらぜひ!<(_ _)>

今日は約2週間ぶりにセサミとブラウニーをご対面させてみました。
やっぱりですが2匹共に大興奮!最初はいい感じなんですが
段々セサミがハイパーになりすぎてブラウニーが引いちゃいます。
狭い部屋の中をセサミがバタバタ走り回るとブラウニーは徐々に萎縮、
きっと音とかセサミの動きとかが激しすぎて怖くなっちゃうんだと思います。
そこで、セサミがブラウニーにちょっかいかけると…ウガウガウガ~~~!!!

ブラウニーの行動治療も必要ですけど、最近はセサミのしつけも必要かなと(汗)
お犬様は本当に手が掛かります…でもかわいいから許す♪
20 : 28 : 00 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
抜糸完了
2005 / 08 / 02 ( Tue )
無事に抜糸完了しました~♪
先生のあまりの早業にびっくり!
すごい手際が良くて(当たり前?)セサミも痛がる暇ないくらい、
あっと言う間に終わっちゃいました。

20050802_2←「んっ?今日ボクに何かした?」
診察台の上に乗せて先生の方にお腹向けて、
万歳~!って格好で立たせたら
あっと言う間にはいおしまい!
セサミは人好きなので「遊んでくれるの~♪」って感じで、千切れんばかりにシッポぶりぶり振ってる間に終わってしまって何されたか全~然気付かなかった様子。ウハウハな性格もこう言う時は役に立ちます。(笑)

やっぱりブラウニーはちと危なかった(; ̄ー ̄A アセアセ
って言うか私は噛まれた~!(泣)
薬飲ませてから行ったんだけど、車乗る時点でお出掛け嫌いなブラウニーは
すでにヤバヤバ。すぐに緊張モードになります。
でも、緊張しながらも大人しく寝てるから良かった~と思っていたのに
病院の駐車場に着いて、さて抱っこしようと思ったらいきなりウガウガ警報発令!
右手人差し指負傷…少し落ち着くまで待って、なんとか抱っこはできたんだけど
ただならぬ気配を察してか、体はカチカチに固まってブルブル震えだした。
ひと目見ても震えてるのが分かるくらい、体がガクガク揺れる感じ。

ぶ:「あの~、先生。今日は噛むと思います…」

カチンコチンで引きつった顔して、ガクガク震えてるブラウニーを見て

先:「あ~、怖がってるね~。」
ぶ:「う~ん、どうしましょ?」
先:「そうだなぁ、そのまま抱っこしててもらった方がいいかなぁ」
ぶ:「はい、そうですね…」

とは言いながら、ぶちまるも内心ドキドキ。
本当はいけないんですけどねぇ、こう言う時は飼い主が平然としてないと
ドキドキが犬にも伝わってしまうって言うから。
もちろん看護師さんはいるんですが、補助をお願いしても触った時点で
ブラウニーがパニックになるのは間違いないのでやっぱり私ががんばらねば!

先:「すぐ済ませちゃいますからね」
ぶ:「はい…」

右手で前脚の脇を抱えて、左手で後ろ足を持って軽く引っ張った感じにして
少し伸ばしてお腹を先生に診せる。この時点でブラウニーのガクブルはピーク。
いつプチン!と切れてパニックになってもおかしくない状態。
心の中で「突然暴れても、絶対に落とさないように、落とさないように…」
「噛まれてもびっくりしない、びっくりしない…」と自分に言い聞かせる。
もう何回も噛まれてきましたけど、やっぱりびっくりしちゃう時があるんですよ。
私がびっくりして、抱っこしてるブラウニー落としたりしたらそれこそ大変!
ドキドキしながら、ぎゅ~っと必死に抱きしめてました。

なんとか無事抜糸終了♪ブラウニーがんばりました!
もう限界ギリギリだったと思います、良くガマンしたね~。
いい子、いい子(*^-^)ニコ

私は噛まれましたが、よそ様を噛む事がなければ
今の所は良くできましたと言った感じです。(苦笑)
甘いと言われちゃうかもしれませんが、今日はブラウニーよくがんばった!
お母ちゃんは、花丸あげちゃうよ~♪
22 : 29 : 00 | 犬【問題行動治療】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。